フコイダンの摂取方法

フコイダンは抗ガン作用や抗アレルギー、抗ウイルス作用、胃の健康を保つ働きだけではなく、コレステロールを低くする作用、血圧を上げるのを抑える作用等、様々な健康作用があります。また、血糖値上昇を抑えたり、腸内環境を整える作用、肝機能を向上させる作用も期待できます。

フコイダンは食物繊維の一種であり、胃や小腸で消化されずに大腸まで到達することができますので便秘改善にも役立ちます。また、フコイダンの硫酸基には、胃粘膜を刺激して胃の働きを活性化させる機能もありますので、胃の弱った現代人には心強い味方と言えるでしょう。

このように現代に欠かせない健康維持に役立つ効果が期待できるとして、近年人気が高まっているフコイダンですが、実は、わかめや昆布等の海藻からごくわずかしか取ることができない為、毎日継続的に食べ物から摂取するには難しい成分です。現在では手軽に取れるフコイダンの健康商品が流通していますので、便利なサプリメントを利用して摂取することをお勧めします。ガン予防、免疫力向上を目指す方や、アレルギーのある方、胃の調子を整えたい、コレステロール・高血圧が気になる、そんな方はフコイダンを試してみてはいかがでしょうか。

フコイダンと胃の関係

フコイダンに含まれるネバネバ成分である「硫酸基」とは、もともと人間の胃の中に存在している成分で、胃粘膜のネバネバの元であり、胃を保護する大事な役割を担っています。つまり、フコイダンに豊富に含まれる硫酸基は、人の胃粘膜と同じ性質を持つことになり、大変馴染みやすいフコイダンを摂取することによって、胃の中に入って胃粘膜の隅々まで行き渡りコーティングしてくれる為、胃の保護をする効果があります。また、粘膜表面にも浸透し、炎症部分にも働きかけ、潰瘍が修復される効果もあります。

ストレスや胃に負荷のかかりやすい現代において、食生活の乱れによる栄養の偏り、睡眠不足、過労、喫煙、加齢の影響等で胃粘膜が薄くなって損傷しやすくなる為、胃潰瘍や胃炎に悩む現代人が増加しています。胃潰瘍とは胃粘膜が薄かったり無い部分が胃酸によって攻撃を受け、胃壁がただれたり、炎症が起こって胃粘膜に穴が空いたり傷がついてしまう症状をいいます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすとされるピロリ菌の除去にもフコイダンは有効です。ピロリ菌は胃粘膜の硫酸基に吸着して胃酸の攻撃から逃げているのですが、フコイダンの硫酸基に吸い寄せられ、そのまま便となって排出される為、健全な胃が保たれます。

フコイダンの特徴とは

フコイダンとは、昆布やもずく、めかぶ等の海藻類にあるネバネバ成分に含まれる繊維質多糖類(食物繊維)の一種です。他の多糖類と比べると硫酸基という成分が多く含まれており、これは人の胃の粘膜を構成する成分と同じ成分である為、胃の病気に対して大変有効であるとされています。フコイダンの硫酸基成分には免疫力を活性化する効果や抗アレルギー作用、抗ウイルス作用、抗がん作用もあり、更なる研究が進んでいます。

フコイダンの注目すべき点は、「アポトーシス」という作用です。アポトーシスとは、細胞が分裂と分化を繰り返す過程において、自ら必要に応じて細胞死を引き起こす自己プログラムのメカニズムのことを指しますが、このアポトーシス機能のバランスが崩れ、自滅プログラムが働かないことにより、ガンやアレルギー症状、ウイルス感染等の神経変性疾患が引き起こされます。フコイダンのネバネバ成分が、このアポトーシスに働きかけ、ガン細胞を死滅させる機能があり、更にガンやウイルス感染した細胞を攻撃する「ナチュラルキラー細胞を活性化する働きもある為、がん治療において大変効果的です。

また、フコイダンにはアルギン酸、ラミニン等が含まれ、コレステロール吸収を抑えたり、血圧が上がるのを抑える効果があることもわかってきています。近年サプリメントなどに活用され、健康維持の為に多くの人に愛飲されています。では、フコイダンの胃の健康に対する効能について見てみましょう。