フコイダンの特徴とは

フコイダンとは、昆布やもずく、めかぶ等の海藻類にあるネバネバ成分に含まれる繊維質多糖類(食物繊維)の一種です。他の多糖類と比べると硫酸基という成分が多く含まれており、これは人の胃の粘膜を構成する成分と同じ成分である為、胃の病気に対して大変有効であるとされています。フコイダンの硫酸基成分には免疫力を活性化する効果や抗アレルギー作用、抗ウイルス作用、抗がん作用もあり、更なる研究が進んでいます。

フコイダンの注目すべき点は、「アポトーシス」という作用です。アポトーシスとは、細胞が分裂と分化を繰り返す過程において、自ら必要に応じて細胞死を引き起こす自己プログラムのメカニズムのことを指しますが、このアポトーシス機能のバランスが崩れ、自滅プログラムが働かないことにより、ガンやアレルギー症状、ウイルス感染等の神経変性疾患が引き起こされます。フコイダンのネバネバ成分が、このアポトーシスに働きかけ、ガン細胞を死滅させる機能があり、更にガンやウイルス感染した細胞を攻撃する「ナチュラルキラー細胞を活性化する働きもある為、がん治療において大変効果的です。

また、フコイダンにはアルギン酸、ラミニン等が含まれ、コレステロール吸収を抑えたり、血圧が上がるのを抑える効果があることもわかってきています。近年サプリメントなどに活用され、健康維持の為に多くの人に愛飲されています。では、フコイダンの胃の健康に対する効能について見てみましょう。